大人の味にも感じられる和菓子

秋田県の菓子舗、榮太楼の「さなづら」という和菓子は、お土産にも普段のお茶請けにもオススメの和菓子です。山野に自生する、秋田県産のさなづらというぶどうを使っています。さなづらを濃縮ジュースにして、寒天と混ぜた見た目もシンプルなお菓子です。

 

 

形は板状で、濃い赤紫色をいています。


ぶどうの絞り汁の色です。食感がおもしろく、ゼリーのような羊羮のような、絶妙な噛み心地です。味は甘酸っぱく、とてもフルーティーです。今では、駅などのお土産屋の他に、スーパーマーケットでも購入できるようになりました。

 

 

急なお客様がいらしたときのお茶請けに、購入したりします。


8枚入りで800円ほどです。和菓子の「さなづら」は、小さい頃、祖母の家で食べたのが初めてでした。赤くてキラキラしていて、とてもキレイな食べ物だと思いました。ゼリーかと思ったら、ゼリーよりもしっかりとしていて、味もとっても濃いんです。

 

ワインのような風味も感じられて大人の味に感じました。